MENU

歯周病とは?

 

 歯周病とは、細菌の感染によって引き起こされる病気です。

 

 原因としては、ふだん見えない歯周ポケットの内部に付着した「歯垢」などの清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し(歯垢の蓄積)歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします。

 

 痛みがないので放置されがちになり、炎症がひどくなりやすいのです。

 

 そして、進行すると歯と歯肉の境目(歯周ポケット)が深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、最後は抜歯をしなければいけなくなってしまう怖い病気なんです。

 

 これらを効率的に除去し汚れの沈着を抑えることで歯周病の予防が可能です。歯周ポケットの汚れが除去できれば歯の土台である歯槽骨も健全に保たれ、障害自分の歯を失わないことでしょう。

 

(※参照ページ:薬用ポリリンデンタルEX - 公式HP

 

 

 

 ちなみに喫煙者はタバコを吸わない人よりも歯周病にかかりやすいことも医学的にわかっています。これはタバコには有害物質が含まれるため歯肉の血流を悪化させるのが原因と考えられてます。

 

 

 

 

 

歯周病の正体!?

 

驚くことに、お口の中にはおよそ300~500種類の細菌がいると言われております。

 

この多くの細菌自体は口の中での悪影響はないのですが、ふだんのハミガキなどが充分でなかったり、甘い物(砂糖)を多く食べたりしたあと、その細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつきます。

 

これが歯垢(プラーク)の正体です。

 

 

 

 

歯垢の特徴としては、粘着性が強くて、簡単なウガイ程度では落ちません。

 

そして歯垢(プラーク)1mgの中には10億個の細菌が住みついていると言われ、それが虫歯や歯周病をひき起こします。とくに歯周病をひき起こす細菌が特異的に存在していることが解明されています。

 

この歯垢(プラーク)中の細菌によって歯肉が炎症し、徐々に歯を支えている骨を溶かし、最後には歯がなくなり、歯周病の原因となるわけです。
歯垢(プラーク)を放っておくと硬くなって「歯石」となり、歯の表面に頑固に付着してしまいます。 歯石になるとふだんのハミガキでのブラッシングだけでは取り除くことができません。この歯石ができてしまうことで、歯石自体に更に細菌が繁殖し歯周病を増大させてしまうのです。

 

歯周病に効くホワイトニング薬

 

 

歯周病の治し方とは!?

 

 

 ここ20年ほどで、歯周病の治療は急速な進歩を遂げてます。 以前は「不治の病」とさえ言われていた歯周病も、現在では進行を阻止することが可能となり、健康をとりもどすことができるのです。

 

 まず、歯周病の原因は歯垢ですから、それをためない、増やさないことが基本です。そこで大切なのは
予防、診断、治療、メンテナンス」です。

 

メンテナンスの中でも一番大事なのが、毎日の生活で欠かせない「歯磨き方法」です。

 

 

 

 

 もちろん通常どおりの歯磨き方法でも予防はできますが、完璧ではありません。なぜなら歯に付着した食べカスなどはよく落としてはくれますが、表面に付着した汚れ自体を落とそうとすると、つい磨きすぎてしまい・・・歯表面に傷をつけ・・・そこから細菌が繁殖してしまうケースが多いからなのです。

 

 市販の歯磨き粉でも効果はありますが、ホワイトニングに特化した歯磨き粉をひとつ用意しておくと、歯周病予防もできて白い歯を維持できますよね。

 

 

 

【実践してみよう!】

  1. ハミガキをするときの歯ブラシの使い方が大事です!急いでゴシゴシするより歯の表面に軽くタッチした状態で歯を二つずつ丁寧に磨くことを心がけましょう。
  2.  

  3. 市販の歯磨き粉で丁寧にカスや歯垢を落としましょう。
  4.  

  5. ホワイトニングに特化した専用歯磨き粉で、表面の汚れを落とし、歯肉歯茎も健康になるようにケアしコーティングさせ、メンテナンスしましょう。

 

 

 歯周病の基本的な予防は、歯肉の中まで入っている歯石を完全に取り除き、さらに根の表面を滑らかにして炎症を引き起こす細菌を徹底的に除去することです。そして、傷んだ歯肉、骨を治療して健康に近い歯肉にすることです。

 

 メンテナンスが健康の保持するための最良な方法なので、日頃のケアを怠らずにクセづけましょう!

 

 それと同時に半年に一回ほど歯科衛生士による専門的なクリーニングなどのメインテナンスを定期的に受けることもオススメします。