MENU

手入れ方法で比較してみよう

 

歯を白くしても手入れを怠るとすぐに元の黄ばみや汚れが再付着することもあります。ここでは「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」「自宅ホワイトニング」、3つの『手入れ方法』で比較してみました。

 

※比較表の商品は一例を元にしてますので参考までにご閲覧ください。

 

 

 

常日頃おこなう歯磨きと同じ要領でホワイトニング・ケアしてゆくので、いちばん簡単な方法といえます。外出先でもどこでも場所を選ばず5分程度の短い時間で手入れできるので非常に利点は多いです。

 

 

施術後の白い歯をキープしてゆくのに、医師と相談のうえ、クリニックでのホワイニング剤などを使うのであれば医師の指導のもとケアしていくことになりますが、手入れ方法としては、だいたいは通院で簡単な歯の掃除などをおこなうケースが多いので面倒ですが、着実に白さを手入れできます。

 

 

手入れがクリニックで提供されたマウス型の道具でケアしていくので、手入れ方法としては若干面倒です。ひとつひとつの作業自体はむずかしくありませんが、職場や外出先などでケアするには向いていないですし、歯磨きの延長で出来るケアではないので、手入れ方法としては若干、気を配る必要があるでしょう。