MENU

「ホームホワイトニング」の流れ

「ホームホワイトニング」って?

医師の診断のもと自宅ケア

まず「ホームホワイトニング」というものがどういう治療法なのかというと、「ホーム、、、」と名前につくので当然自宅で治療するものを指します。ただし一般的な「ホームホワイトニング」の特徴をご説明させていただきますと、あくまで診断は歯科医の診断をうけ、歯科医の指導のもとで用意されたホワイトニング器具や薬、道具などで、自宅で治療していく方法をいいます。よって、自分で購入した器具やホワイトニング剤でホワイトニングするものは「ホームホワイトニング」とは呼んでません。

 

「ホームホワイトニング」というのは各歯科医院によって「やり方」も多少異なりますので、ここではある歯科医院の一例をつかってホワイトニングの流れをご説明します。

 

 

ホームホワイトニングの流れ

A歯科医院の例)

①歯科医院でカウンセリングや診断を行いホワイトニング方法を診る。

 

 

 

②ホームホワイトニングが適してると判断され、歯型をとり、患者専用のマウスピースを作成。

 

 

③2回目の通院時に完成したマウスピースと歯科医院で用意されたホワイトニング剤のスターターキットを渡される。

 

 

※厚生労働省認可『GC社「Tionホーム」のキット

 

 

④ご自宅でマウスピースに(1)ホワイトニング剤を入れ、(2)1日2時間ぐらいマウス装着することでホワイトニングのケアをおこなっていただく。

 

 

 

 

【特徴】
オフィスホワイトニングよりも効果はゆっくりの2週間ほど。白くなる限界値は高く、効果の持続性もありますが、長持ちさせるためには自宅ホワイトニングケアが必要になってきます。
年間相場は約10万円前後ほど。

 

 

 

 

 

ホームホワイトニングの流れ記事一覧

日本で市販されているホワイトニング製品は、歯の表面についたシミや汚れを落として、「歯、本来の白さに近づける」のが目的ですが、反面、それ以上に元の歯の色以上に白くする効果はなかなか難しい壁なんですね。ま、本来の白さを求めるならいいんですけどね。芸能人なみに真っ白な歯を求めたいならホームホワイトニングの技術も必要かと思います。そんな、「本来の歯の色以上に白くしたい」って要望にこたえてくれる注目のホーム...