MENU
 

歯が身だしなみの最優先

 

 

清潔感は自身の信頼へ

 

社会でも友人どうしでも、初対面の相手に対して「身だしなみ」は大事ですよね。外見だけが全てではないですが、外見は自身を知ってもらう第一歩!いわゆる「入り口」みたいなものですから、清潔感は自身の信頼へともつながります。
では「人は外見から」…と聞いて、だれもが自分の外見に気を配るのってどんなことでしょう?
ヘアースタイルだったり、ファッションだったり、化粧だったり、男性なら正装や髭まわりだったり。。。いわゆる「身だしなみ」です。

 

 

 

 

 

歯が汚いのは嫌悪感

 

逆に自分が相手の外見で気になってしまうのは、身だしなみはもちろんですが、意外と目がいくのが『歯』です。
たとえば、仕事で取引先の方を初対面するときに、どんなに身だしなみや態度が紳士的であっても、歯が「ヤニやコーヒー」で黄ばんでいただけで、嫌悪感をもたせてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

歯は自分で気づきにくい

 

それと黄ばんだ歯というのは、臭いも自身では気付かないほどキツイ臭いを発生させているんです。医学的にも口臭というのは、どんなに臭くても自分では気づくことができないと言われてます。じゃ、どこで判断するかといえば、色でしかありません。「黄ばみ」は自分が思っているより「見た目と臭い」で相手に嫌悪感を抱かせてしまっているのです。
歯が汚いのは社会人としても、友人同士でも不快に思われるので、しっかりと大人としての最大のエチケットとして心がけたいものですね。

 

 

 

 

 

自宅で出来るホワイトニング

 

アメリカでは自宅で出来るホワイトニングキットがたくさん販売されており、自宅でホワイトニングするのはあたりまえなんです。
たしかに私がアメリカへ短期間の留学へいったときもアメリカ人は歯がキレイだと感心しました。あんなに甘い物やコーヒーなどをたくさん食しているのに歯がピカピカなのは自宅でのケアを習慣づけているからなんですねっ。

 

 

 

 

 

ホワイトニングの種類

 

 

 

 

大きく分けて歯科医院内で行う

 

自宅用ホワイトニング

ホームホワイトニング

オフィスホワイトニング

 

の3種類に分けられます。

どれもメリット・デメリットもあり

種々、多様なので「徹底比較」してみました♪

 

▼全ランキング一覧はコチラ▼

 

 

 

 

 

 

 

自宅ホワイトニング

 

 

 

即効性:★★★
低料金:★★★★★
信頼性:★★★
要時間:★★
持続性:★★★★★

 

自宅用バナー(内)

 

 

【特徴】
市販のホワイトニング薬を購入し、自宅で自身にておこなうケア方法です。歯磨き粉タイプやジェル、液体タイプなどが主流であり、欧米ではごく一般的に使用されているホワイトニング方法の基本スタイルです。自宅で出来るので気楽なのと、低料金でケアできて白さを持続できるのも習慣的に使用するホワイトニング法の利点です。

■メリットまとめ

・自宅でケアできる
・定期購入でも低料金
・継続して利用するので持続性が高い

■デメリットまとめ

・半年間以上の利用で効果が出る
・医療機関の指示がない

 

 

 

 

ホームホワイトニング

 

 

即効性:★★★
低料金:★★
信頼性:★★★★
要時間:★★★
持続性:★★★★

 

ホームバナー(内)

 

 

【特徴】
初回だけ医療機関で診断し、歯型(マウスピース)を作成してもらい、あとは自宅で自身にてケアする方法。期間的には2週間~。オフィスホワイトニングより低料金で、なおかつ医師の指導の下で治療したい方には良いといえます。料金は相場で3万円~くらいです。

 

 

■メリットまとめ

・医者の診断ありのため安心
・きほん自宅治療なのでラク

 

■デメリットまとめ

・歯医者からオフィスを勧められる可能性たかい
・期間のわりに高額

 

 

 

 

オフィスホワイトニング

 

 

 

 

即効性:★★★★★
低料金:
信頼性:★★★★★
要時間:★★★★
持続性:★★

オフィスバナー(内)

 

 

【特徴】
医療機関に通院し、カウンセリングを受けながら歯を白くするホワイトニング治療。値段相場は3万5千~10万円前後。自宅ホワイトニングに比べると非常に高額だが即効性と安心感はある。持続性で言えば、いちどは白くなるが自宅ホワイトニングなどで日ごろから心がけたケアを行わなければ黄ばみは再発する。

 

■メリットまとめ

・即効果がでる
・医者の治療ため安心

 

■デメリットまとめ

・料金が高い
・持続性はない(日頃のケアが必要)

 

私のホワイトニング方法【体験談】

32歳|既婚|♀

 

 

OLから営業部署に配属になったことで、身なりに気を配るようになり髪型や化粧品にもお金をかけて、お得意先の前に出ても恥じないような『身なり』に心がけてました。

 

しかし、外見に気を配る努力とはウラハラに成績はというと伸び悩み、ストレスで一日の喫煙とコーヒーの摂取量が日増しに増えはじめ、自分にも自信が持てなくなり、うやむやな日々が一年ほど続きました。

 

 

意を決して、営業部長であり営業成績もトップクラスの憧れの女性先輩へ、成績があがらない自分への悩みから辞職の意があることを相談したときに、思いもよらない言葉をいただいたんです。

 

それは、

若い子は化粧や髪型、体型などばかり大事にするけど、営業先の対話相手にとって一番心がけなくてはいけなのは「誠実な本気姿勢」と「健康的」であるかどうかだよ

 

…と。

 

続けて
たとえばね、化粧や服装で清楚にしていても、歯にコーヒーとタバコの臭いがついたヤニだらけの歯を見せながら笑顔を見せても相手は不快に思ったりするものじゃない?ちゃんと健康的なケアが出来てないと社会人としても信用がないと思われたりもするんだよ。それと同時に健康でいることは自分の自信にもつながるしねっ

 

…と、憧れの先輩からの言葉がズシーンと心に刺さり、それからというもの私は禁煙を始め、それと同時に普段つかってるハミガキ粉に加え、ホワイトニング用のハミガキ・ジェルも使ってみることにしました。

 

ハミガキ粉だけのケアとの大きな違いは2つ!

口臭ホワイトニング効果でした。

 

それと同時に使い始めて知ったことは、ふつうのハミガキ粉は歯を白くする効果は無く、あくまで歯表面を清潔に保つ物であるってこと。
それとくらべて、ホワイトニング用ハミガキ粉は、歯を清潔に保つだけでなく歯の表面に付着したステインを除去し、本来の白さを目的とする物であること。つまり双方はまったく効果の違いを持っていると同時に、その成分も効果も比較にならないほどホワイトニング効果にも歯の健康ケア面でも差があったのです。

 

私が当時購入したホワイトニング用ハミガキ粉の値段は1本/1ヵ月/3,800円でした。これをまずは半年間続けてみたところ、歯の色に変化が出てきました。

 

 

ハミガキ粉を市販の物からホワイトニング用のハミガキ粉に変え、半年間毎日~朝昼晩とケアしたところ、こんなに効果が出たんです。
半年前の歯の色と比較してみてわかるように歯の生え際の汚れが除去できました。

 

ただ、本当に大変だったのはここからでした!(汗)

 

歯が白くなってきたところで、市販のハミガキ粉だけのケアに戻したら、1年くらいで若干の黄ばみが出てきたんです。。

 

いそいで、またホワイトニング用ハミガキ粉でのケアも加え、なんとか半年で以前の白さをキープできてますが、油断禁物ですね。。。(汗)

 

ただし、以前よりもコストはかかってません!

 

ていうのも以前の黄ばみが酷いときより、現在は白さキープだけで良いレベルまでホワイトニングケアできているので、本来1ヵ月分量のホワイトニング剤を、夜ハミガキの時だけ使用することにより、3ヵ月スパンで節約使用できてます。

 

市販のハミガキ粉よりも、ホワイトニング用のハミガキ粉は高額なので、工夫した使い方をするのも経済的に効果あると考えてます♪

 

 

▼全ランキング一覧はコチラ▼

 

更新履歴